転職設計事務所

キャリアプランを転職設計事務所で考えることの重要性

「建築業界での転職を考えているけど、今後のキャリアプランをどう決めればいいのか分からない…。果たして、自分は将来どうなるのだろうか…。」

こんな疑問にお答えします。

まずはじめに、「キャリアプラン」という言葉を聞いた時に、パッと思い浮かぶ方は結構珍しいのではないかと思います。

普通の人であれば、これからの未来は見えませんから、将来の明確なイメージを持てる事は素晴らしい事であり、珍しいことです。しかし、そういった方がいる一方で「将来の自分の方向性が決まっていなくて不安だ」という方が多いのも事実です。

今回はそんな方向けに、これからあなたがどうするべきなのかというヒントをご紹介します。

これからのキャリアを決める3つの軸

大手人材会社のリクルートでは、従業員のキャリアを考える上で3つの軸を考える事を提唱しています。

それが「will、can、must」です。

will=あなたが実現したいこと

can=今後生かせる自分の強み

must=強みを伸ばしたり、実現に近づけるためにやらなければいけないこと

これを見て、将来が不安なあなたは一度、今の現状を3つの軸に沿って考えてみてください。
紙に書くことで、頭の中が言語化され、どこまで明確になっているのかが分かります。

・あなたが今後なりたいと思う理想像
・今まで働いてきて、どういうスキルを身に付けたのか?
・理想像を目指す上で、あなたが課題だと思っている部分はどこなのか?

こういった事をゆっくり思い出しながら、書いてみましょう。

will、can、mustの中で1番重要なもの

これら3つを全て埋める必要はありませんが、優先的に考えなければいけないのはmustの部分です。なぜなら、単純に優先順位が高いからです。

例えば、ハリウッドスターになりたいという夢(will)が明確に決まっていても、英語を学ばなければなりませんよね。(must)

今の時代「好きな事で生きていく」という風潮があります。確かにそれは重要なのですが「好きな事で生きていける人はやるべき事をやった人だけ」です。
だからこそ、現実的に今やるべきこと(must)を優先的に考えていかなければなりません。

人生はbestよりもbetterの積み重ね

世の中では多くのキャリア形成をする上での考えがあります。

この中で私たちが確実に言えることは誰も未来を予測する事はできないということです。

言い方を変えると、最高の未来(best)を目指そうとするよりも「今ある選択肢の中で良い方を選ぶ」という考えを持った方が、あなたが理想に近付くハードルがぐっと下がるという事です。

自己分析は一人でやるには限界がある

あなたの将来や能力についての自己分析の重要性について紹介しました。とはいえ、自分一人で自己分析をするのは限界があります。
そこで重要なのが「他の人に自己分析してもらう」という事です。

建築業界志望なら転職設計事務所の面談がオススメ

すでにあなたが建築業界を志望されているのであれば、今後のキャリアプランを少しずつ見据えていく必要があります。
そうなった時に、自分だけでなく転職設計事務所のような転職サポートサービスを活用して自己分析やキャリアプランの決定などを行うほうがはるかに効率がいいです。

専門知識がある人に手っ取り早く相談したほうが、あなたのキャリアに対してのモヤモヤも晴れるはずです。

無料のキャリア面談はこちらから

まとめ:キャリアプランは人生の地図となる

あなたがキャリアプランを考えるという事は、仕事の枠を超えて人生の目的を考えるという事につながります。今就いている仕事であったり、現状に対して何かしらの違和感を感じるのであれば、小さな行動でも良いので動いてみてください。

きっと、数年後には「行動して良かった」と言える日が来ますよ。