転職設計事務所

【年齢関係なし】転職市場での技術職はスキル重視|転職設計事務所

「30歳を過ぎた今、転職をしようかなと思っている。でもネットで調べると「転職は30歳以上は厳しい」って書いてある。ちょっと不安だなぁ…。」

こんな疑問にお答えします

転職市場の平均年齢は?

転職市場の平均年齢は30歳と言われています。ですが、これは全ての業界に当てはまるわけではありません。

比較的新しい業界(IT系など)には当てはまるかもしれませんが、昔からある業界の場合はそうではないパターンも多いのです。

転職において技術職はスキルの方がみられる(条件付き)

技術職のスキルの高さは年齢を重ねるごとに高くなっていきます。
つまり、年齢ではなく、どういうスキルを身に付けてきたかを重点的に見ます。

年齢を理由に転職を諦めるのはもったいない

よく「もう年齢だし…」という理由で転職したい気持ちがあるのに、諦めてしまう方がいます。

正直それはもったいないです。

もちろん「家族がいる」などの事情はあると思いますが、それを言い訳にしていたら、何も始まりません。

現に40代・50代で転職に成功している人はかなりの数います。
ここからもわかる通り、年齢が転職できる確率と関係しているとは必ずしも言えないのです。

最近では年齢を気にせず転職をする人が増加

最近では、40代・50代でも転職する人がかなり増えました。なぜ、ここまで増えているのか。

その理由は様々ですが、40代・50代で転職する人がそもそも少ないのはその中の1つに挙げられます。

つまり、競合が少なく、企業側もその年齢のポジションの募集枠が埋まらないという事を逆手にとって、転職する人が増えているのです。

多くの人が転職でいないと思い込む中で、転職をするのは逆にチャンスでもあるということですね。

もし不安なようであれば、まずは相談

年齢に関係なく、転職する人はいます。そしてその数は年々増えているのも事実です。

特に技術職の場合はその傾向が高いので、自分自身のスキルや経験があれば、十分に評価してくれる企業はあります。

とはいえ、どんな企業が評価してくれるかは、応募してみないとわかりません。

転職設計事務所は40代・50代の内定実績あり

もし、あなたが設計や設備、土木などの業界への転職を考えていて「年齢が少し心配…」という方は転職設計事務所の無料の面談で相談してみてください。

転職サービスの面談は、転職する際だけではなく、自分自身の市場の
きっとあなたのスキルをちゃんと評価してくれる企業に出会えるはずです。